小物(読み)コモノ

  • ちいさき
  • 物(もの)

デジタル大辞泉の解説

こまごまとしたもの。小さい道具類や付属品など。「小物入れ」
つまらない人物。小人物。「小物は相手にしない」⇔大物
釣りで、小さい魚。つまらない小魚。「小物しか掛からない」⇔大物
劇場・寄席・遊郭などで、客に貸し出すタバコ盆・座布団・火鉢など。
正式の料理以外に出す、ちょっとしたつまみもの。新香(しんこ)など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

小さな物。こまごましたもの。小さな道具や付属品。 ⇔ 大物
その分野で、大した勢力を持たず、あまり高く評価されていない人物。 ⇔ 大物 捕まったのは-ばかりだ
フナ・タナゴなどの小さい魚。
遊郭・劇場などで、客に出す灰皿・座布団などのこまごましたもの。また、その費用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 小さい物。こまごまとした付属物。また、つまらないもの。⇔大物
※無名抄(1211頃)「あまり細工みてとかくすれば、果にはまれまれ物めかしかりつる所さへ失せて、何にてもなきこ物になるなり」
② 劇場・寄席・遊郭などで、客または舞台に出すタバコ盆・座蒲団(ざぶとん)・火鉢・茶などをいう。また、勘定書きなどの主な費目に添えて請求するそれらの雑費。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉九「燈台(しょくだい)や火鉢が出りゃ小物(コモノ)の料目(つけ)をあんじる玉だから」
③ 正式の料理以外にだす新香(しんこ)などのちょっとしたつまみ物。
④ 釣りで、鯉(こい)、鱸(すずき)などの大魚に対し、鮒(ふな)、鱮(たなご)、鯊(はぜ)などの小魚。また、一般に同種の魚のうち、小さいものをいう。
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉七月暦「鰌も頗る荷沢山にて値も安く〈略〉汁物の小物(コモノ)同七八十銭を呼んで居た」
⑤ その分野でたいした勢力や能力のない者。小人物。⇔大物
※ニッポン日記(1951)〈井本威夫訳〉一九四六年四月二三日「この連中は、対外強硬論者中の小ものではなかった」
ふんどし。下帯。
※十巻本和名抄(934頃)四「褌 方言注云袴而無跨謂之褌〈音昆 須万之乃毛乃 一云知比佐岐毛能〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ヘイトスピーチ

「憎悪にもとづく発言」の一形態。匿名化され、インターネットなどの世界で発信されることが多い。定義は固まっていないが、主に人種、国籍、思想、性別、障害、職業、外見など、個人や集団が抱える欠点と思われるも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小物の関連情報