コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懸け税 カケチカラ

デジタル大辞泉の解説

かけ‐ちから【懸け税】

上代、神社の玉垣にかけて神にささげた稲の初穂の束。懸け稲。
「―千税(ちぢから)余り百税(いほちから)を」〈祝詞・同神嘗祭〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かけちから【懸け税】

上代、稲の初穂を茎のまま抜いて青竹にかけて神に奉納したもの。掛け稲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

懸け税の関連キーワード懸稲上代青竹

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android