コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉垣 タマガキ

デジタル大辞泉の解説

たま‐がき【玉垣】

《古くは「たまかき」》皇居・神社の周囲に巡らした。垣が二重にあるときは外側のものをいう。斎垣(いがき)。瑞垣(みずがき)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

玉垣【たまがき】

神社の本殿の周囲または境内の境界にめぐらした垣。木・石等で作る。伊勢神宮では4重にめぐらし,本殿に近い垣から順に瑞垣(みずがき)・内垣・外玉垣・板垣と呼ぶ。一般に素材のままであるが,赤く塗ったものを特に〈朱(あけ)の玉垣〉と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たまがき【玉垣】

玉籬,玉墻とも書く。神社の社殿もしくは境内の周囲にめぐらす垣。瑞垣(みずがき)ともいう。玉,瑞は美称である。玉垣の造りは,方形の木に貫を通し(角玉垣),あるいは,厚い板を用いる(板玉垣)のを本式とするが,木の皮を削らずそのまま用いたもの(黒木玉垣),朱塗りのものや石造もある。垣を二重に設けたときは,内を瑞垣,外を玉垣または荒垣という。伊勢神宮は,内から瑞垣,内玉垣,外玉垣,板玉垣の四重になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たまがき【玉垣】

神社などの周囲に設ける垣根。瑞垣みずがき。斎垣いがき

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉垣
たまがき

神社の聖域を囲む垣。斎垣(いがき)、瑞垣(みずがき)あるいは荒垣(あらがき)ともいう。伊勢(いせ)神宮では垣が幾重にも巡るが、外側から荒垣(板垣)、玉垣、瑞垣とよび区別している。玉垣には厚板を立て並ベた板玉垣や、木柵(もくさく)または石柵だけの簡素なものがある。中世以降になると、玉垣として柱を立て屋根をかけた塀もつくられるようになり、腰は板張りとするが、上は欄間(らんま)にして格子や襷桟(たすきさん)を入れるものがみられる。これを透塀(すきべい)ともいう。[工藤圭章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の玉垣の言及

【垣】より

… 日本における木造の垣の古い形式は,伊勢神宮の神殿の周囲に見られる。最も内側にあるのは,厚板を密に縦に並べた〈瑞垣(みずがき)〉,つぎは角材を柵状に組んだ〈内玉垣〉,さらに丸太を柵状に組んだ〈外玉垣〉があり,最も外側に板塀状の〈板垣〉がある。先端を三角形にとがらせた厚板を密に縦に並べた瑞垣は,春日大社などで用いられ,また中世の絵巻物にも多く描かれているので,古い時代の神社では非常に多く用いられたと考えられる。…

※「玉垣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

玉垣の関連キーワード梅ケ谷 藤太郎(1代目)梅ヶ谷藤太郎(1代)和歌山藩主徳川家墓所玉垣額之助(15代)木村庄之助(17代)バールフットの欄楯鳥取藩主池田家墓所ブッダガヤー大精舎玉垣額之助(6代)生月鯨太左衛門トムソン散乱梅ヶ谷藤太郎玉垣の内つ国玉(たま)平田篤胤墓サーンチー中山忠光墓黒木造り中重鳥居神の宮人

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉垣の関連情報