玉垣(読み)タマガキ

百科事典マイペディアの解説

玉垣【たまがき】

神社の本殿の周囲または境内の境界にめぐらした垣。木・石等で作る。伊勢神宮では4重にめぐらし,本殿に近い垣から順に瑞垣(みずがき)・内玉垣・外玉垣・板垣と呼ぶ。一般に素材のままであるが,赤く塗ったものを特に〈朱(あけ)の玉垣〉と呼ぶ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たまがき【玉垣】

玉籬,玉墻とも書く。神社の社殿もしくは境内の周囲にめぐらす垣。瑞垣(みずがき)ともいう。玉,瑞は美称である。玉垣の造りは,方形の木に貫を通し(角玉垣),あるいは,厚い板を用いる(板玉垣)のを本式とするが,木の皮を削らずそのまま用いたもの(黒木玉垣),朱塗りのものや石造もある。垣を二重に設けたときは,内を瑞垣,外を玉垣または荒垣という。伊勢神宮は,内から瑞垣,内玉垣,外玉垣,板玉垣の四重になっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たまがき【玉垣】

神社などの周囲に設ける垣根。瑞垣みずがき。斎垣いがき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉垣
たまがき

神社の聖域を囲む垣。斎垣(いがき)、瑞垣(みずがき)あるいは荒垣(あらがき)ともいう。伊勢(いせ)神宮では垣が幾重にも巡るが、外側から荒垣(板垣)、玉垣、瑞垣とよび区別している。玉垣には厚板を立て並ベた板玉垣や、木柵(もくさく)または石柵だけの簡素なものがある。中世以降になると、玉垣として柱を立て屋根をかけた塀もつくられるようになり、腰は板張りとするが、上は欄間(らんま)にして格子や襷桟(たすきさん)を入れるものがみられる。これを透塀(すきべい)ともいう。[工藤圭章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たま‐がき【玉垣】

〘名〙 (「たま」は美称。古くは「たまかき」)
① 神社・皇居の周囲にめぐらした垣。斎垣(いがき)。瑞垣(みずがき)
※古事記(712)下・歌謡「みもろに 築(つ)くや多麻加岐(タマカキ)(つ)き余し 誰(た)にかもよらむ 神の宮人」
※米沢本沙石集(1283)一「四重の万だらをかたどりて、玉がき・水がき・あらがきなむど重々に」
② 兜(かぶと)の鉢の縁に巻いた帯金物。腰(こし)
③ 紋所の名。①を図案化したもの。
[語誌](1)方形の木に貫を通したものを「角玉垣」、厚板を用いたものを「板玉垣」といい、木の皮を削らずにそのまま用いた「黒木玉垣」に対して、これらを本式とする。その他、石造りのものや、朱塗りの「朱(あけの)玉垣」などがある。伊勢神宮は四重の垣を持ち、内から「瑞垣(みずがき)」「内玉垣」「外玉垣」「板玉垣」という。
(2)「万葉集」には詠まれておらず、八代集でも「あけの玉がき」が二例、「みつの玉がき」が一例あるのみである。「和歌初学抄」に「物名〈略〉垣 あけのたまがき たまがき みづのたまがき(已上神垣也)」とあるように、神社の垣をいうことが多く、松や白木綿(しらゆう)を配して歌に詠むことも多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の玉垣の言及

【垣】より

… 日本における木造の垣の古い形式は,伊勢神宮の神殿の周囲に見られる。最も内側にあるのは,厚板を密に縦に並べた〈瑞垣(みずがき)〉,つぎは角材を柵状に組んだ〈内玉垣〉,さらに丸太を柵状に組んだ〈外玉垣〉があり,最も外側に板塀状の〈板垣〉がある。先端を三角形にとがらせた厚板を密に縦に並べた瑞垣は,春日大社などで用いられ,また中世の絵巻物にも多く描かれているので,古い時代の神社では非常に多く用いられたと考えられる。…

※「玉垣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉垣の関連情報