初穂(読み)はつほ

日本大百科全書(ニッポニカ)「初穂」の解説

初穂
はつほ

農耕儀礼において、その期の最初に収穫した穀物を、のままで神に供え収穫に感謝すること。またその穀物。日本ではムギやアワの場合もあるが、イネの儀礼がもっとも多く、収穫に先だって穂掛け・掛け穂の儀礼がある。稲穂を2、3本抜き取り、の神に供えると称して神棚などに供える。のちには漁業狩猟に関しても初穂といい、また神棚に供える御飯や神主への謝礼金をも初穂とよぶようになった。

[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「初穂」の解説

初穂【はつほ】

初尾とも。その年最初の収穫物。またはそれを神・首長に捧げる習俗・漁業,狩猟を通じてこの語が用いられる。律令国家成立の中では贄(にえ)として制度化され,平安末期以降は上分(じょうぶん)といわれたという。八朔(はっさく)の穂掛祭は広く知られているが,月見行事にも芋名月豆名月など,初穂の古俗をとどめるものがみられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「初穂」の解説

はつ‐ほ【初穂】

その年最初に実った稲の穂。
その年最初に収穫した穀物・野菜・果実など。
その年最初に収穫し、神仏・朝廷に奉る穀物などの農作物。また、その代わりとする金銭。「お初穂料」
初めて食べる物。また、他人に先んじて最初に味わう食べ物。
「行きゃあ隠居と立てられて見舞ひの―を喰ふ株だが」〈伎・小袖曽我
[補説]室町時代から「はつお」と発音し、「初尾」の字も当てた。

はつ‐お〔‐ほ〕【初穂】

はつほ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「初穂」の解説

初穂
はつほ

農耕,狩猟,漁業の生産物の初物 (はつもの) を,それらを司ると信じられている神に供える習慣。生産物の成熟,収穫の感謝や予祝の意味がある。農耕の場合でみると,初穂の奉納の際にはいろいろの儀式祭礼が行われる。稲刈り初めに 12株のを神に供えるのを初穂祭という。初穂祭には収穫を終ってから,新穀を炊いて神に供えるとともに,それを食べる場合が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「初穂」の解説

はつほ【初穂】

最初に抜きとった稲穂を神前に供えることが原義。早穂,荷前,最華などと書いて,いずれもハツホとよむ。刈り取った稲穂を神垣に掛けて奉るときは懸税(かけぢから)という(伊勢神宮)。稲穂のみならず,穀物,野菜,果物,魚貝類などの初物を神前に供えて収穫を感謝する儀礼は,世界各地にみられる。とりわけ,日本人は米を主食とすることから稲の儀礼は古くから伝承され,抜穂祭,初穂祭,穂掛けなどがある。全国の神社で毎年秋に行われる新嘗(にいなめ)祭は,初穂(新穀)を神前に供えて収穫に感謝する祭りである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の初穂の言及

【生飯】より

…仏教では衆生の飯米の意で,餓鬼や鬼子母神に供えるため,食膳に向かうときに少量取りわけた飯をいい,屋上や地上に投げ散らす。民俗儀礼としては神や尊者にささげる米や飯のことで,お初穂の意味である。神の前にまいたり供えたりする。…

【漂泊民】より

…しかし宿はしばしば河原や,遊女・傀儡などの根拠地に成立し,寺院が宿の機能を持つ場合もあったのである。他方,漂泊民,遍歴民は,その本拠とする(とまり),渡し(わたし)やなどをはじめ,山野河海,道などの場で〈道切り〉を行い,通行する人々から〈手向け〉初穂を要求することがあった。この行為が公認された場合,そこは関となったのであり,中世の関で関料を徴収しえたのは,勧進上人をはじめとするこうした遍歴民自身だったのである。…

※「初穂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android