成人でみられる先天性心疾患

  • 成人でみられる先天性心疾患(循環器系の疾患)

内科学 第10版の解説

定義・概念
 先天性心疾患(CHD)患児に対する外科,内科的治療の進歩に伴い今日では約90%が成人期を迎え,毎年約9000人が成人する(adult congenital heart disease:ACHD).ACHD患者数は2020年には小児症例数を上回るとされ,最近ではFallot四徴症や単心室血行動態などの複雑ACHD患者が約30%を占める(図5-9-1).複雑ACHD患者診療には,その特異な病態に対する理解と経験が必要である.[大内秀雄]
■文献
Nakazawa M, Shinohara T, et al: Study Group for Arrhythmias Long-Term After Surgery for Congenital Heart Disease: ALTAS-CHD study. Arrhythmias late after repair of tetralogy of fallot: a Japanese Multicenter Study. Circ J, 68: 126-130, 2004.
Ohuchi H, Kagisaki K, et al: Impact of the evolution of the Fontan operation on early and late mortality: a single-center experience of 405 patients over 3 decades. Ann Thorac Surg, 92: 1457-1466, 2011.
Shiina Y, Toyoda T, et al: Prevalence of adult patients with congenital heart disease in Japan. Int J Cardiol, 146: 13-16, 2011.

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android