コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成形爆薬 せいけいばくやくshaped charge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成形爆薬
せいけいばくやく
shaped charge

爆発エネルギーを集中し,その破壊力に方向性をもたせるように適当な形に成形した爆薬。代表的なものに普通の爆薬包の底を円錐形あるいは楔形にくりぬいて,そのくりぬいた面に薄い鉄板などの金属板をライナ (内張り) として張付けたものがある。これを上方から起爆すると爆発ガスの流れはくりぬいた部分の中心に集束,高速流となって噴出していわゆるノイマン効果を発揮し,所要薬量が成形しないものの3分の1ぐらいですむ。岩石の小割り,鉄板の打抜き,切断などその用途はかなり多方面にわたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android