我が世の春(読み)わがよのはる

精選版 日本国語大辞典「我が世の春」の解説

わが【我が】 世(よ)の春(はる)

何事も自分の思い通りになる得意の時。自分の最も盛んな時期
スタンダールの小説主張(1943)〈大井広介〉「わが世のがめぐってきたと思うたのもつかのま、メッテルニッヒの忌(い)むところとなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「我が世の春」の解説

わがよ‐の‐はる【我が世の春】

何事も自分の思いどおりになる、最も得意な時期。「我が世の春謳歌おうかする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android