我が世の春(読み)わがよのはる

精選版 日本国語大辞典「我が世の春」の解説

わが【我が】 世(よ)の春(はる)

何事も自分の思い通りになる得意の時。自分の最も盛んな時期。
※スタンダールの小説主張(1943)〈大井広介〉「わが世の春がめぐってきたと思うたのもつかのま、メッテルニッヒの忌(い)むところとなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「我が世の春」の解説

わがよ‐の‐はる【我が世の春】

何事も自分の思いどおりになる、最も得意な時期。「我が世の春謳歌(おうか)する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android