コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦術爆撃 せんじゅつばくげきtactical bombing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戦術爆撃
せんじゅつばくげき
tactical bombing

軍事目標に対して行う爆撃戦場またはその周辺に目標が限定される。戦略爆撃と対比される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の戦術爆撃の言及

【爆撃】より

…爆撃機は敵の第一線はもちろん,指揮中枢,集中部隊,後方補給路も直接攻撃できた。このような目標の攻撃を戦術爆撃という。17年になると,航続距離800km,搭載量1tにも及ぶ大型の爆撃機が出現した。…

※「戦術爆撃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

戦術爆撃の関連キーワード爆撃機

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android