戦場(読み)せんじょう

精選版 日本国語大辞典「戦場」の解説

せん‐じょう ‥ヂャウ【戦場】

〘名〙 戦闘のある場所。いくさの行なわれている土地。いくさば。戦地。合戦場。
※本朝文粋(1060頃)一三・朱雀院平賊後被修法会願文〈大江朝綱〉「況隋高祖之建仁祠、変戦場於頗梨之閣
※保元(1220頃か)上「つひに旗を戦場に上ぐといへども、天道のゆるしをかうぶらず」 〔戦国策‐秦策・恵文君〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「戦場」の解説

戦場

1949年製作のアメリカ映画。原題《Battleground》。監督:ジョン・ミリアス、出演:ニック・ノルティ、マリウス・ウェイヤーズほか。第22回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同脚本賞、撮影賞(白黒)受賞

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「戦場」の解説

せん‐じょう〔‐ヂヤウ〕【戦場】

戦闘が行われる場所。戦地。「古戦場

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android