コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戯訓 ギクン

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐くん【戯訓】

上代文献、特に万葉集用字法の一。漢字の字形字音字義などを遊戯的、技巧的に利用したもの。「出づ」を「山上復有山」、「獅子(しし)」を「十六」、「い」を「馬声」、「ぶ」を「蜂音」などと書く類。戯書

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎくん【戯訓】

万葉集などの義訓のうち、特に遊戯的技巧的にあてはめられた訓。戯書に基づく訓。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

戯訓の関連キーワード言語遊戯義訓

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android