コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戯書 ギショ

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐しょ【戯書】

興にまかせて、おもしろ半分に書いた字や文章・書物。ざれがき。
戯訓(ぎくん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎしょ【戯書】

たわむれに書いた文・書物。ざれがき。
上代文献、特に万葉集における用字法の一。義訓の一種で、特に使用者の遊戯的な意図や技巧の認められるもの。「くく」を「八十一」、「し」を「重二」、「出でば」を「山上復有山者」と書く類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

戯書の関連キーワード伎・偽・僞・儀・妓・宜・戯・戲・技・擬・欺・犠・犧・疑・祇・義・艤・蟻・誼・議・魏神田 伯龍(6代目)無駄書き・徒書き辺見じゅん島田 正吾北村 和夫万葉仮名寺門静軒使用者用字法万葉集仮名書物義訓技巧劇評戯訓秘書山上

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戯書の関連情報