コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸畑祇園大山笠行事

デジタル大辞泉プラスの解説

戸畑祇園大山笠行事

福岡県北九州市戸畑区で7月に行われる、飛幡八幡宮、菅原神社、中原八幡宮の3社の夏祭り。江戸時代後期が起源とされる。大幟をたて、金銀糸の刺繍を施した幕を張り巡らせた4体の大山笠が市内を巡行する。大山笠は夜には幕や幟を取り払い、309個の提灯を積み重ねて飾る「提灯大山笠」に姿を変えて市内を練る。1980年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

戸畑祇園大山笠行事の関連キーワード福岡県北九州市戸畑区山・鉾・屋台行事戸畑祇園大山笠福岡県

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戸畑祇園大山笠行事の関連情報