コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸畑祇園大山笠行事

1件 の用語解説(戸畑祇園大山笠行事の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

戸畑祇園大山笠行事

福岡県北九州市戸畑区で7月に行われる、飛幡八幡宮、菅原神社、中原八幡宮の3社の夏祭り。江戸時代後期が起源とされる。大幟をたて、金銀糸の刺繍を施した幕を張り巡らせた4体の大山笠が市内を巡行する。大山笠は夜には幕や幟を取り払い、309個の提灯を積み重ねて飾る「提灯大山笠」に姿を変えて市内を練る。1980年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸畑祇園大山笠行事の関連キーワード福岡県北九州市戸畑区浅生福岡県北九州市戸畑区一枝福岡県北九州市戸畑区銀座福岡県北九州市戸畑区小芝福岡県北九州市戸畑区沢見福岡県北九州市戸畑区天神福岡県北九州市戸畑区戸畑福岡県北九州市戸畑区福岡県北九州市戸畑区中原福岡県北九州市戸畑区夜宮

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戸畑祇園大山笠行事の関連情報