コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扇拍子 オウギビョウシ

デジタル大辞泉の解説

おうぎ‐びょうし〔あふぎビヤウシ〕【扇拍子】

閉じた手のひらや板の台などをたたいて拍子をとること。邦楽のけいこなどに行う。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おうぎびょうし【扇拍子】

扇でてのひらや膝などを打ち鳴らして、拍子をとること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

扇拍子の関連キーワード人形浄瑠璃アシライ隆達小歌高三隆達奥浄瑠璃浄瑠璃タタキ隆達節白拍子幸若舞早歌宴曲小歌舞舞

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android