コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手切れ テギレ

デジタル大辞泉の解説

て‐ぎれ【手切れ】

それまで続いていた関係・交渉などを終わりにすること。特に、男女の愛情関係を終わりにすること。「借金を返して手切れにする」
手切れ金」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てぎれ【手切れ】

〔「てきれ」とも〕
それまでの互いの関係をたつこと。特に、男女が関係を絶つこと。
手切れ金きん 」に同じ。
談判が破れ、敵対関係に入ること。 「然間、駿河と御-を成され候へて/三河物語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

手切れの関連キーワード桂 米団治(3代目)梅雨小袖昔八丈手切れ丁稚足利義昭三河物語後藤基次めかけ絆創膏駿河

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android