交渉(読み)コウショウ

デジタル大辞泉の解説

こう‐しょう〔カウセフ〕【交渉】

[名](スル)
特定の問題について相手と話し合うこと。掛け合うこと。「労働条件について交渉する」
交際や接触によって生じる関係。かかわり合い。関係。「悪い仲間との交渉を絶つ」「異性と交渉をもつ」「没交渉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうしょう【交渉】

( 名 ) スル
ある事を実現するために、当事者と話し合うこと。かけあうこと。 「 -が決裂する」 「労使が-する」
人と人との結びつき。かかわりあい。関係。 「 -をもつ」 「 -を絶つ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐しょう カウセフ【交渉】

〘名〙
① ある事柄を取り決めようとして、相手と話し合うこと。かけあい。談判。
※露国に対する宣戦の詔勅‐明治三七年(1904)二月一〇日「帝国が平和の交渉に依り求めむとしたる将来の保障」
② かかわりをもつこと。かかわりあい。特に男女の性的な関係。
※侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉チエホフの言葉「おのづから異性との交渉に立ち入らないと云ふのも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の交渉の言及

【国際紛争】より

…かくして今日では国際紛争の平和的処理は国際法上の基本原則として確立している。 国際紛争の平和的処理方法には,交渉,周旋居中調停(仲介),国際審査,国際調停,国際機構による紛争処理,国際裁判,がある。交渉は当事者間による紛争処理方法で,最も原初的な形態であるが,交渉以外の方法はすべて第三者の介入によって紛争を処理するものである。…

※「交渉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

交渉の関連情報