手持無沙汰・手持不沙汰(読み)てもちぶさた

精選版 日本国語大辞典の解説

てもち‐ぶさた【手持無沙汰・手持不沙汰】

〘名〙 (形動) 手があいていて間(ま)がもてないこと。することがなくて退屈であるさま。また、することがわからず格好がつかないことやそのさま。
※浄瑠璃・凱陣八島(1685頃)四「しほしほとしておはせしは手もちぶさたに見へにけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android