コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

格好/恰好 カッコウ

デジタル大辞泉の解説

かっ‐こう〔カクカウ|カツカウ〕【格好/×恰好】

《「恰(あたか)も好(よ)し」の意で、ちょうど似つかわしいさまが原義。形がちょうどよいというところから、姿・形の意にも転じた》
[名]
外から見た事物の形。姿。また、身なり。「髪の―を直す」「殴る―をする」「はでな―で出かける」
人に対して恥ずかしくない姿・形。整った形。体裁。「びりでは―が悪い」「―をつけて歩く」
物事の状態。…のようなようす。「親に忘れられた―で育った」
(年齢を表す語に付いて)年齢がだいたいそのくらいであること。ちょうどその年くらいのようすであること。「四十―の男」
[名・形動]
ふさわしいこと。似つかわしいこと。また、そのさま。「―の夫婦」「手土産に―な(の)品」
値がちょうど手ごろなこと。また、そのさま。「―な値段

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

格好/恰好の関連キーワードディエメ:オリエンタル 第3番 変ホ長調/piano solobaby carへんちくりん陸サーファーしょぼくれる格好を付ける締まりがないかっこ悪いクールビズかっこ好い恰好・格好伊達の薄着山形大黒舞秋田大黒舞人目を引くモー太郎様になるおっさん喇叭飲み変梃りん

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android