コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手生けの花/手活けの花 テイケノハナ

デジタル大辞泉の解説

ていけ‐の‐はな【手生けの花/手活けの花】

自分の手でいけた花。
遊女・芸妓などを身請けして自分だけのものとすること。また、常に身近に置いて愛する女性。
「上方一と言われた女も、―として眺めると、三日経てば萎れる」〈太宰・新釈諸国噺〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

手生けの花/手活けの花の関連キーワード芸妓

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android