芸妓(読み)げいぎ

精選版 日本国語大辞典「芸妓」の解説

げい‐ぎ【芸妓】

〘名〙 酒宴の間をとりもち、歌舞・音曲などによって酒を添えるのを業とする女。芸者芸子
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「芸の一纏頭を以て世界の新事を知る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「芸妓」の解説

げい‐ぎ【芸×妓】

歌舞や音曲などで、酒宴の座に興を添えることを業とする女性。芸者。芸子。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の芸妓の言及

【芸者】より

…宴席に招かれて主として日本調の遊芸で興を添える職業女性。関西では芸子(げいこ)といい,明治以後の官庁用語では芸妓(げいぎ)と称する。芸者には,遊郭に発生した郭(くるわ)芸者と市中に散在した町芸者との2系統があった。…

※「芸妓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android