コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打ち打擲 ウチチョウチャク

デジタル大辞泉の解説

うち‐ちょうちゃく〔‐チヤウチヤク〕【打ち×擲】

[名](スル)打擲(ちょうちゃく)」を強めていう語。
「場合によっては、―もするではないか」〈芥川偸盗

ぶち‐ちょうちゃく〔‐チヤウチヤク〕【打ち×擲】

《同じ意の語を重ねて「打擲」を強めていう語》乱暴に打ちたたくこと。うちちょうちゃく。
「思案もなく―しても」〈滑・浮世風呂・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちちょうちゃく【打ち打擲】

( 名 ) スル
人を殴りつけること。ちょうちゃく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android