打引(読み)うちひく

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐ひ・く【打引】

〘他カ四〙 (「うち」は接頭語)
① 責めさいなむ。いじめる。
※大和(947‐957頃)一四八「なにのうちひかせ給ふべきにもあらず。ものをこそはたまはせむとすれ」
② 引きずる。長く引く。
※夜の寝覚(1045‐68頃)四「うちひかれたる裾、袖口まで、いまから心にくく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android