コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大和 だいわ

21件 の用語解説(大和の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大和
だいわ

広島県南部,三原市北西部の旧町域。吉備高原にある。 1955年椹梨村,大草村,神田村の3村と豊田村の一部が合体して町制。 2005年三原市,本郷町,久井町と合体して三原市となった。旧安芸国の東端に位置し,沼田川の支流椋梨川とその支流徳良川流域に開ける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大和
だいわ

島根県中部,江川 (ごうがわ) 中流域の地域。旧村名。 1957年都賀行村,都賀村,布施村の一部が合体して成立。 2004年 10月に邑智町と合併して美郷町となる。江川が山陰,山陽の連絡路であった頃は物資の集散地として栄えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大和
やまと

新潟県南東部,南魚沼市北部の旧町域。六日町盆地の北部にある。 1956年藪神村,浦佐村,大崎村,東村の4村が合体して大和村となり,1962年町制。 2004年六日町と合体して南魚沼市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大和
やまと

山口県南東部,光市東部の旧町域。中国山地南端の丘陵地に位置する。 1943年岩田村,三輪村,塩田村,束荷 (つかり) 村の4村が合体して大和村が発足。 1971年町制。 2004年光市と合体。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大和
やまと

福岡県南西部,柳川市南部の旧町域。筑紫平野の南端にある。 1907年塩塚村,鷹尾村,有明村の3村が合体し大和村となり,1952年町制。 2005年柳川市,三橋町と合体し柳川市となる。東は矢部川,西は矢部川の分流塩塚川に挟まれ,北部のクリーク地帯と南部の有明海の干拓地からなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大和
やまと

佐賀県東部,佐賀市中部の旧町域。脊振山麓から佐賀平野にかけて広がる。 1955年春日村,川上村,松梅村の3村が合体,1959年町制。 2005年佐賀市,諸富町,富士町,三瀬村の4市町村と合体して佐賀市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大和
やまと

茨城県中西部,桜川市中部の旧村域。筑波山地の北麓にある。 1954年雨引村と大国村が合体して大和村が発足。 2005年岩瀬町,真壁町と合体して桜川市となった。米作のほか,野菜やスイカの生産が盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大和
やまと

山梨県北東部,甲州市南東部の旧村域。秩父山地南麓に位置し,笛吹川支流の日川に沿って集落がある。 1941年鶴瀬村,初鹿野村,田野村,日影村,木賊村の5村が合体して大和村が成立。村名は5村の和を祈念してつけられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大和
やまと

岐阜県中央部,長良川上流域にある地区。旧町名。 1955年山田,弥富,西川の3村が合体,1985年町制。 2004年3月八幡町はじめ2町4村と合併し,郡上市となった。大部分は山林原野で,周辺で米作が行なわれるほか,製材業も発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大和
だいわ

金沢・香林坊店を核に富山,新潟に展開する百貨店。 1923年京都大丸との提携により創業した宮市百貨店を前身として,43年設立,金沢,新潟,富山,高岡に店舗を構える。第2次世界大戦後,出版 (現勁草書房) および映画・劇場の分野にも事業を拡大した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大和

金沢市に本社を構え、新潟(新潟市)、長岡(長岡市)、上越(上越市)、富山(富山市)、高岡(富山県高岡市)、香林坊(金沢市)、小松(石川県小松市)の計7店舗を持つ。創業は1923(大正12)年。43(昭和18)年に丸越と合併し、株式会社大和を設立した。新潟店は同年、長岡店は58(昭和33)年、上越店は75(昭和50)年にそれぞれ開設。グループ企業に金沢ニューグランドホテル(金沢市)や勁草書房(東京都文京区)などがある。

(2009-10-15 朝日新聞 朝刊 新潟全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やまと【大和】[神奈川県の市]

神奈川県中部の市。相模原台地の東部にあり、東の横浜市との境を境川が流れる。住宅地。南西部は厚木航空基地の一部。人口22.8万(2010)。

やまと【大和/倭】

旧国名の一。五畿に属し、現在の奈良県にあたる。大和政権の発祥地で飛鳥(あすか)京藤原京平城京などが置かれた。もと「倭」と書いたが、元明天皇の時、「倭」と通じる「和」の字に「大」をつけて「大和」と書くよう定められた。
《都がにあったところから》日本の異称。おおやまと
(大和)旧日本海軍の世界最大の戦艦。昭和16年(1941)竣工(しゅんこう)。排水量6万9000トン。昭和20年(1945)、沖縄へ出撃の途中、米機の攻撃により沈没。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

大和(やまと)

富山県南砺市で生産されるサトイモ。形状は丸~俵型、加熱すると粘りけが強く甘みがある。昭和30年代に導入された品種。

大和(やまと)

佐賀県佐賀市にある道の駅。国道263号に沿う。

大和(やまと)

日本海軍の戦艦。大和型戦艦の1番艦。1940年進水、1941年就役の超弩級戦艦。連合艦隊独立旗艦。全長263メートル、最大幅約39メートルの世界最大級の戦艦として有名。マリアナ沖海戦レイテ沖海戦などに参加。第二次世界大戦末期の1945年、沖縄での特攻作戦に向かう途中でアメリカ軍の攻撃にあい被爆、被雷。徳之島沖で沈没し、3000余名の乗組員が犠牲となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

大和

正式社名「株式会社大和」。英文社名「Daiwa Co., Ltd.」。小売業。大正12年(1923)前身の「宮市百貨店」創業。昭和18年(1943)設立。本社は金沢市片町。北陸の老舗百貨店。旗艦店の金沢・香林坊店を軸に新潟・富山でも店舗展開。東京証券取引所第2部上場。証券コード8247。

出典|講談社
日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまと【大和】

同型艦〈武蔵〉とともに,旧日本海軍が建造した世界最大の戦艦。第2次世界大戦前に対米英数的劣勢を質的優位で対抗するために,当時の日本海軍が造艦技術の粋を結集して建造を推進した。本艦は1937年呉工廠で起工,41年開戦直後に完成した。常備排水量6万9100トン,全長244m,速力27ノット。主砲は当時の最大口径40cmを超える空前絶後の大口径の46cm砲であり,また備砲と同等の威力の砲弾に対して主要部分を防御するため徹底した集中防御方式を採用した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

やまと【大和】

神奈川県中部、相模原台地東端の市。もと宿場町。近年、自動車・電機などの工業が立地。住宅地化も進む。米軍厚木航空基地がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大和の言及

【艦砲】より

…日清・日露の海戦で初めてこの艦砲の威力が実証され,イギリスは12インチ砲を主砲とする新鋭戦艦ドレッドノートを建造し大艦巨砲時代の幕を開いた。ロンドン軍縮会議で艦砲は口径14インチ以下と定められたが,期限切れ後に日本は世界最大の46cm砲を装備した戦艦大和,武蔵を建造した。この砲の最大射距離は46kmで弾丸1発の重量は1.5tであった。…

※「大和」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大和の関連情報