扱はし(読み)アツカワシ

デジタル大辞泉の解説

あつかわ・し〔あつかはし〕【扱はし】

[形シク]《動詞「あつか(扱)う」の形容詞化》あれこれと世話をしたい。めんどうがみたい。
「人知れず―・しくおぼえ侍れど」〈総角
[補説]一説に、「暑かわし」と同語源で、事の処置が定めがたく困る状態をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あつかわし【扱はし】

( 形シク )
〔動詞「扱ふ」の形容詞化〕
どう処置すべきか悩むさま。取り扱いに困るさま。 「いとかく朽木にはなしはてずもがなと、人知れず-・しく覚え侍れど/源氏 総角

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android