処置(読み)しょち

精選版 日本国語大辞典「処置」の解説

しょ‐ち【処置】

〘名〙
① 判断をくだして、その物事の取り扱い方を決めること。取り計らうこと。きまりをつけること。理。処措。また、仕打ち。
※雑話筆記(1719‐61)上「名字を改めても人の家を犯し取ておる、且公命のゆるさぬ所なり。とかく定たる処置無之候」
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉外「に政治を処置するの要訣は心を平にし意を安くし」 〔漢書‐張安世伝〕
② 傷や病気の手当てをすること。
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉六四「半身不随意になりし大の男の扱ひ難きを甲斐々々しく介抱して〈略〉一人の僕(をとこ)相手に露厭ふ色なく処置すれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「処置」の解説

【処置】しよち

とりさばく。安置する。〔漢書、張安世伝〕の、故(もと)のの令張賀の爲に、守冢三十家を置き、上(しやう)自ら其の里を處置す。

字通「処」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android