コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抒情組曲

1件 の用語解説(抒情組曲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

抒情組曲

オーストリアの作曲家アルバン・ベルクの弦楽四重奏曲(1925-26)。原題《Lyrische Suite》。名称はツェムリンスキーの『抒情交響曲』から取られており、十二音技法を用いた最初の大作として知られる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抒情組曲の関連キーワードアルバン・ベルク弦楽四重奏団管弦楽のための3つの小品浄められた夜グレの歌浄夜月に憑かれたピエロ3つの管弦楽曲ヴォツェックタールベルクヘルツォーゲンベルク, エリザベト・フォン

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

抒情組曲の関連情報