コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抒情組曲

デジタル大辞泉プラスの解説

抒情組曲

オーストリアの作曲家アルバン・ベルクの弦楽四重奏曲(1925-26)。原題《Lyrische Suite》。名称はツェムリンスキーの『抒情交響曲』から取られており、十二音技法を用いた最初の大作として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報