コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投票権法 トウヒョウケンホウ

1件 の用語解説(投票権法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とうひょうけん‐ほう〔トウヘウケンハフ〕【投票権法】

投票における人種差別をなくすために、1965年に制定された米国の法律。黒人の投票権を制限していた南部諸州では、連邦政府が州・地方政府に代わって有権者登録を行うことなどを定めている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投票権法の関連キーワード人種差別人種差別撤廃条約人種差別撤廃国際条約同和最低投票率人種差別に反対する世界会議レイシスト国際人種差別撤廃デー複合差別人種差別制度

投票権法の関連情報