コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投票権法 トウヒョウケンホウ

デジタル大辞泉の解説

とうひょうけん‐ほう〔トウヘウケンハフ〕【投票権法】

投票における人種差別をなくすために、1965年に制定された米国法律黒人の投票権を制限していた南部諸州では、連邦政府が州・地方政府に代わって有権者登録を行うことなどを定めている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

投票権法の関連キーワードアファーマティブ・アクションワシントン大行進セルマ事件公民権運動黒人問題

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android