コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投票権法 トウヒョウケンホウ

デジタル大辞泉の解説

とうひょうけん‐ほう〔トウヘウケンハフ〕【投票権法】

投票における人種差別をなくすために、1965年に制定された米国法律黒人の投票権を制限していた南部諸州では、連邦政府が州・地方政府に代わって有権者登録を行うことなどを定めている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

投票権法の関連キーワードアファーマティブ・アクションワシントン大行進セルマ事件公民権運動黒人問題

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

投票権法の関連情報