人種差別(読み)じんしゅさべつ(英語表記)racial discrimination

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「人種差別」の解説

人種差別
じんしゅさべつ
racial discrimination

人種の相違を理由に加えられる,政治・経済・社会的差別。差別する側の,政治的経済的優位性を維持したいという欲望と,社会的,歴史的な人種的偏見による。その歴史は古いが,近年の典型的な例としては,ナチスのユダヤ人迫害(→ホロコースト),アメリカ合衆国の黒人問題(→公民権運動),南アフリカ共和国アパルトヘイトなどがあげられる。第2次世界大戦後,民族意識の高まりとともに数多くの非白人国家が成立し,南アフリカやローデシア問題にみられるように,人種差別問題は国際政治においても大きな比重を占めるようになった。国連総会は 1963年に人種差別撤廃宣言を,1965年には人種差別撤廃条約を採択している。さらに 1972年11月には,世界人権宣言 25周年の 1973年12月10日を起点とする 10年間を「人種差別反対の10年」とすることを可決した。南アフリカは 1989年から急速な改革を推進し,1991年人種登録法などを撤廃,アパルトヘイト体制を終わらせた。(→人種主義

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「人種差別」の解説

じんしゅ‐さべつ【人種差別】

〘名〙 人種によって社会的な諸権利を差別すること。
※新西洋事情(1975)〈深田祐介〉「民主主義」夫人、南アにゆく「きわめて露骨なかたちで人種差別を機内にもちこんでいる、という意味において、世界に類を見ない航空会社で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「人種差別」の解説

じんしゅ‐さべつ【人種差別】

人種的偏見によって、ある人種を社会的に差別すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android