コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投資税額控除 とうしぜいがくこうじょ

1件 の用語解説(投資税額控除の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

投資税額控除
とうしぜいがくこうじょ

民間企業の設備投資意欲を盛上げるための税制措置で,新規投資額の一定割合を税額控除として認めるというものである。日本においては,1992年時点で,租税特別措置法エネルギー環境変化対応設備,電子機器利用設備,事業基盤強化設備を取得した場合の特別控除制度が認められているが,一般的な投資促進をねらったものは過去も現在もまったくない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投資税額控除の関連キーワード資産デフレ設備投資インフレ・デフレとマクロ経済盛り上げる・盛上げるOPICPICA盛上げるレーガノミクス機械受注官製ファンド

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

投資税額控除の関連情報