コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一般化 いっぱんかgeneralization

翻訳|generalization

3件 の用語解説(一般化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一般化
いっぱんか
generalization

進化において特殊化に対する語。動物の身性あるいは生活体系が,本来の性質を保有していて特殊化しないこと。特殊化することは,多くの場合ある環境には適応するが,環境が変化した場合,非可逆性の原理に従いかえって不利になるとされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いっぱん‐か〔‐クワ〕【一般化】

[名](スル)
広く行き渡ること。また、全体に通用させること。「週休二日制が一般化する」
論理学で、さまざまな事物に共通する性質を抽象し、一つの概念にまとめること。概括。普遍化。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっぱんか【一般化】

( 名 ) スル
あるグループの一部の事物について成り立っていることから、そのグループ全体について成り立つように論をおしすすめること。普遍化。
〘論〙 「 概括がいかつ 」に同じ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一般化の関連情報