コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗原性 コウゲンセイ

デジタル大辞泉の解説

こうげん‐せい〔カウゲン‐〕【抗原性】

抗原となる物質抗体を特異的に認識して結合する性質

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の抗原性の言及

【抗原】より

…条件(2) できた抗体,または感作リンパ球と生体の内外で特異的に反応する(潜在)能力をもつ物質。 物質がもつ抗原としての性質は抗原性と呼ばれ,その能力の強弱は抗原性が高(強)い,低(弱)い等という。また,抗原を抗体産生を含む免疫の成立,免疫学的寛容やアレルギーを起こす能力に焦点をしぼって考えるとき,免疫原(イムノーゲンimmunogen),寛容原(トレローゲンtolerogen),アレルゲンallergenなどともいう。…

※「抗原性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

抗原性の関連キーワードB型インフルエンザウイルスC型インフルエンザウイルスA型インフルエンザウイルスワッセルマン反応ピコルナウイルスインターフェロンアナフィラキシージフテリア血清マクロファージ溶血性連鎖球菌デキストランボツリヌス菌多価ワクチン鼻アレルギー抗原連続変異トキソイドリウマチ熱免疫拡散法伊藤 泰一エイブリー

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抗原性の関連情報