コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抱合型ビリルビン

1件 の用語解説(抱合型ビリルビンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

抱合型ビリルビン

 ヘモグロビンの分解で生成したビリルビンが肝臓でグルクロン酸や硫酸と抱合したもの.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内の抱合型ビリルビンの言及

【肝機能検査】より

…一般的なことばとしては肝臓の機能を調べる検査という意味になるが,臨床医学では〈肝障害の有無を調べる目的で,日常診療や健康診断のふるい分けに用いられている血清および尿の生化学的検査群〉を意味し,肝臓疾患の診断に利用されている物理学的検査や特殊検査は含まれない。また肝機能に関係する検査であっても,通常は他の疾患の診断に利用されている検査は肝機能検査には含まれない。肝機能検査としては200種近い検査があるが,現在利用されている検査は表のとおりである。…

※「抱合型ビリルビン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone