コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抹する マッスル

デジタル大辞泉の解説

まっ・する【抹する】

[動サ変][文]まっ・す[サ変]
こすりつける。また、塗りつける。
「丹砂を以て面を―・し」〈竜渓経国美談
こすってなくす。また、塗りつぶす。
「暮靄郭を―・して銀燭星を点じ」〈服部誠一・東京新繁昌記〉
こすって粉にする。
「薬ヲ―・スル」〈日葡

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まっする【抹する】

( 動サ変 ) [文] サ変 まつ・す
塗りつける。なすりつける。 「只青を塗り紅を-・し黄を点ずれば則ち足る/病牀譫語 子規
粉にひく。粉砕する。 「クスリヲ-・スル/日葡」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

抹するの関連キーワード王羲之塗抹朱抹

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android