コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拒絶査定

1件 の用語解説(拒絶査定の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

拒絶査定

拒絶査定」とは、実体審査時に出願内容に拒絶理由が見つかり、出願人による意見書や補正によっても拒絶理由が解消しないと判断された際に与えられる。出願内容の請求項目の内、1つでも拒絶理由が存在する際には拒絶される。「拒絶査定」に対して不服がある場合、拒絶査定不服審判の請求を行うことができる。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拒絶査定の関連キーワード審査主義拒絶査定不服審判国際調査実体審査出願審査請求出願の変更前置審査早期審査特許査定日本国内特許

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

拒絶査定の関連情報