コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拒絶査定不服審判

1件 の用語解説(拒絶査定不服審判の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

拒絶査定不服審判

拒絶査定不服審判」とは、拒絶査定に不服がある者が請求できる審判のことをいう。請求期間は、拒絶査定謄本送達の日から30日以内(在外者は90日以内)であり、「拒絶査定不服審判」の実体的な審理は、請求人の主張に基づいて行われる。また、審査官が特許権存続期間の延長登録の出願(特許法第67条の3第1項各号の一つ)を拒絶すべき旨の査定を送達された者もしたこの審判を請求することができる。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拒絶査定不服審判の関連キーワード行政不服審査法決定行政審判更正拒絶査定最初の拒絶理由通知出願の変更審決取消訴訟前置審査早期審査

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

拒絶査定不服審判の関連情報