コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拒絶理由

1件 の用語解説(拒絶理由の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

拒絶理由

拒絶理由」とは、出願された発明が「特許を受けることができる発明」の条件を満たしていないと、審査官が実体審査において判断する根拠をいう。出願された発明が特許法第49条各号に限定的に列挙された事項に該当する場合に「拒絶理由」となる具体的には、1. 新規事項を追加する補正がなされた時2. 外国人の権利享有(第25条)、産業上の利用可能性、新規性・進歩性等の要件(第29条、第29 条の2)、不特許事由(第 32条)、先願(第39条)、共同出願(第38条)の規定に違反している時3. 条約違反の時4. 詳細な説明や請求の範囲の記載が不備であるとき5. 文献公知発明が記載された刊行物等の所在を記載したものを提出するよう通知されたにも関わらず、その要件(第36条4項2号)が満たされない時6. 外国語書面出願の願書に添付した翻訳文に記載した事項が外国語書面(原文)の範囲内にない時7. 冒認出願の時、の場合である。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拒絶理由の関連キーワード特許の出願共同出願拒絶査定拒絶理由通知国内優先権最後の拒絶理由通知最初の拒絶理由通知日本国内特許発明者冒認出願

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

拒絶理由の関連情報