持籠(読み)もちごもり

精選版 日本国語大辞典「持籠」の解説

もち‐ごもり【持籠】

〙 もちごもること。みごもること。
※浮世草子・本朝二十不孝(1686)三「も懐妊して月をかさね、姉がごとく(モチコモリ)にしてける」

もち‐ごも・る【持籠】

〘他ラ四〙 胎児に宿す。みごもる。妊娠する。
浄瑠璃・傾城酒呑童子(1718)四「我子を持ごもって死ぬるを見捨て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android