コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指定種苗

1件 の用語解説(指定種苗の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

指定種苗

流通している種苗の品質等の識別を容易にするため、一定の事項を表示させる必要があるものとして農林水産大臣が指定するもの。指定種苗には、品種名、発芽率等を表示しなければならない。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

指定種苗の関連キーワードゴロ土品質保証機能防空識別圏卸売育成者権突堤幇助代掻きTIR品質保持剤

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone