コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振(り)竹 フリダケ

デジタル大辞泉の解説

ふり‐だけ【振(り)竹】

歌舞伎などの舞台装置の一。振り落としなどの演出に用いる、舞台上部に差し渡した。上部に並ぶ短い突起に掛けた幕を、棒を回転させて振り落とし、瞬時に場面を転換する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の振(り)竹の言及

【歌舞伎】より

… 振落し(ふりおとし)瞬時に幕を上部から落とす手法。浅葱幕,黒幕などを〈振竹(ふりだけ)〉に吊り,仕掛けでパラリと落とすことにより,次の舞台面を印象づける。 幕外(まくそと)幕切れに,幕を引いた外側,おもに花道でさらに演技が続く状態をいう。…

※「振(り)竹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

振(り)竹の関連キーワード切って落とす歌舞伎の用語

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android