コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挿し木 さしき

盆栽用語集の解説

挿し木

繁殖法の一種。植物体の一部(枝・葉・根)を土などに挿して発根させ、独立した新しい個体を作ること。比較的簡単な繁殖法であり、太りも早く得られる。実生法と違って親木(親枝)の性質を受け継ぐという特徴があるため、品種的に貴重なものや実生法では個体変化が激しくて性質が異なってしまうものの繁殖に向く。挿すもの(枝や葉)を挿しと呼び、土の方を挿し床と呼ぶ。

出典|(株)近代出版盆栽用語集について | 情報

挿し木の関連キーワードジンチョウゲ(沈丁花)聖地アヌラーダプラ人工造林(植林)インドール酪酸床挿し・床挿直挿し・直挿挿し穂・挿穂差し柳・差柳茎挿し・茎挿芽挿し・芽挿十六夜薔薇挿す・差す無花粉スギハート蔓松下仙蔵竹崎嘉徳クローン栄養生殖挿接ぎ山採り

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

挿し木の関連情報