コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掃気ポンプ そうきポンプscavenging pump

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

掃気ポンプ
そうきポンプ
scavenging pump

2サイクル機関の掃気空気用のポンプ。2サイクル機関では,膨張行程の末期の下死点付近で排気孔が開いて排気が始り,シリンダ内圧力が下がる頃に掃気孔が開き,あらかじめ圧縮してある新気をシリンダ内に流入させて,シリンダ内の排気を掃除排出するとともにシリンダ内に新気を充填する。この作用はクランク角で 120~150°というきわめて短時間に行わなければならず,また給気の一部が排気とともに素通りすることは避けられず,掃気の良否が性能を左右する。掃気ポンプとしては,一般に小型高速2サイクル機関の大半はクランク室圧縮方式を採用している。中・大型機関では,往復動型,ルーツ型,ベーン型,遠心送風機型などが用いられ,最近では,排気ガスを利用した排気ガスタービンにより,遠心送風機やターボブロワを高速で回転し,掃気圧力を増し,シリンダ内への充填圧力を増している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

掃気ポンプの関連キーワード2サイクルエンジン(ツーサイクルエンジン)ガソリンエンジンKD2,3エンジン掃気効率

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android