排気(読み)はいき(英語表記)evacuation

翻訳|evacuation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「排気」の解説

排気
はいき
evacuation

気体入りの容器中の気体を外へ汲出して,減圧または真空にすること。 1644年 E.トリチェリが真空の存在を示し,以後,O.ゲーリッケ,R.ボイル,A.テープラーなどの工夫を経て,W.ゲーデ回転ポンプ (1905) ,水銀拡散ポンプ (13) の発明により真空技術が定着した。その後は回転ポンプ,拡散ポンプともに排気速度増大の方向に発展した。 1950年代にゲッタポンプやイオンポンプが開発され,到達真空度が 10-10mmHg に及ぶようになった。

排気
はいき
exhaust gas; exhaust air; exhaust steam

蒸気機関内燃機関蒸気タービンガスタービン空気タービンなどで膨張を終って排出される蒸気,燃焼ガスおよび空気。一般に燃料が完全燃焼すると,燃料の成分はすべて二酸化炭素,水および二酸化硫黄となるが,熱機関の排気にはこのほか不完全燃焼による若干一酸化炭素窒素酸化物や未燃焼の炭化水素などを含むことがあり,また遊離したカーボンがそのまま排出されて黒煙となり,これらが大気汚染の原因となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「排気」の解説

はい‐き【排気】

〘名〙
① 内部の空気を外へ除き去ること。〔気海観瀾(1827)〕
② 蒸気機関などで、仕事が終わった蒸気やガスをはき出すこと。また、その気体。エキゾースト。⇔吸気。〔電気工学ポケットブック(1928)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android