コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

排気 はいき exhaust gas; exhaust air; exhaust steam

4件 の用語解説(排気の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

排気
はいき
exhaust gas; exhaust air; exhaust steam

蒸気機関,内燃機関蒸気タービン,ガスタービン,空気タービンなどで膨張を終って排出される蒸気,燃焼ガスおよび空気。一般に燃料が完全燃焼すると,燃料の成分はすべて二酸化炭素,水および二酸化硫黄となるが,熱機関の排気にはこのほか不完全燃焼による若干の一酸化炭素窒素酸化物や未燃焼の炭化水素などを含むことがあり,また遊離したカーボンがそのまま排出されて黒煙となり,これらが大気汚染の原因となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

排気
はいき
evacuation

気体入りの容器中の気体を外へ汲出して,減圧または真空にすること。 1644年 E.トリチェリが真空の存在を示し,以後,O.ゲーリッケ,R.ボイル,A.テープラーなどの工夫を経て,W.ゲーデ回転ポンプ (1905) ,水銀拡散ポンプ (13) の発明により真空技術が定着した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はい‐き【排気】

[名](スル)
容器や建物内の空気を外へ除き去ること。「パイプを通して屋外へ排気する」
熱機関で不用となった燃焼ガスなどの気体を排出すること。また、その気体。⇔吸気

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はいき【排気】

( 名 ) スル
内部の空気を外へ除き去ること。 「ファンで-する」
熱機関が、不要になったガスを外部に出すこと。また、そのガス。 ↔ 吸気 「 -音」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

排気の関連キーワード海底トンネル向岸流坑内タイムトンネル坑外シールドトンネル新丹那トンネルトンネル電流雪避けトンネル暗いトンネル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

排気の関連情報