コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛(け)襟 カケエリ

デジタル大辞泉の解説

かけ‐えり【掛(け)襟】

汚れやいたみを防ぐために、和服の襟の上に共布でかけた襟。ともえり。
丹前半纏(はんてん)・夜具などの襟の上に、汚れやいたみを防ぐためにさらに重ねて掛ける別布や共布の襟。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の掛(け)襟の言及

【襟∥衿】より

…長着,羽織,じゅばん類とも,横に襟肩明をあけ共布の襟をつけた。さらにその上に補強や,汚れを防ぐためと美的効果をねらった掛襟(かけえり)が生まれた。古くは輪(りん),江戸時代には削襟(そぎえり)とも呼ばれた今日の半襟,長着の共襟である。…

【半襟】より

…掛襟の一種で,汚れを防ぐために半じゅばん,長じゅばんの襟にかけて用いる幅15cm,長さ90cmの小布。江戸時代中期ころから行われ,刺繡(ししゆう)や絞りなどの半襟も現れた。…

※「掛(け)襟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報