コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹前 たんぜん

7件 の用語解説(丹前の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丹前
たんぜん

(1) 初期歌舞伎の演技術の一つ。江戸時代期に流行した湯女 (ゆな) のいる風呂屋のうち,神田の堀丹後守屋敷前にあった丹前風呂へ通う男たちの伊達な風俗を取入れたとも,湯女の勝山の風姿をまねたともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たん‐ぜん【丹前】

防寒のための部屋着の一種。厚く綿を入れた広袖(ひろそで)の着物。丹前風呂に通う客の風俗からこの名が出た。京坂に起こり、江戸の「どてら」に似る。 冬》
丹前風呂に通う町奴などの風俗。丹前風。丹前姿。また、その姿をした者。
雪駄(せった)の鼻緒の一種。丹前姿の人が多く用いたもの。
歌舞伎の特殊演技の一。丹前姿を舞台化したもので、特殊な手の振り方、足の踏み方をして歩く。丹前六方丹前振り
歌舞伎の下座音楽の一。4に用いる合方
丹前節」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

丹前【たんぜん】

江戸初期に丹前風の侠客(きょうかく)の間で流行した広袖(そで)の羽織様のもの。綿を入れ,冬季着物の上にはおった。どてらともいい,防寒用の部屋着として用いられる。
→関連項目綿

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本文化いろは事典の解説

丹前

[男性用] 寒い季節になると温泉で貸し出される布地の厚い浴衣のような着物が丹前です。浴衣の上から羽織り、丹前の上から帯を締めるのが普通です。寒い冬をゆったりと暖かく過ごす工夫が成されています。

出典|シナジーマーティング(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たんぜん【丹前】


[衣服]
 男物の冬の和服。薄い綿入れのくつろぎ着。対丈(ついたけ),広袖を付詰(つけづめ)にし,通裏(とおしうら),袖口と掛襟に黒八丈をつける。縞の御召や紬,銘仙などのはでな柄の絹物で仕立てゆかたの上に重ねて一つ前にして着,細帯や伊達(だて)締を締める。江戸時代初期(1625年ころから),江戸にふろ屋が流行し,その湯女(ゆな)を目当てに通う男たちの,人目をひくはでで伊達な風俗を丹前風といった。神田の堀丹後守邸の前にあったふろ屋が最も有名であったことから〈丹前〉の名称が起こったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たんぜん【丹前】

防寒用の和服の一。広袖で全体に綿が入れてあり、くつろぐ時や湯上がりなどに衣服の上に重ねて着る。本来は男物。丹前風呂の遊客の風俗から起こったという。どてら。
歌舞伎の演技様式の一。丹前風呂に通う遊客の風俗を様式化したもので、特殊な手の振り方・足の踏み方をする。現在は六方ろつぽうに吸収されて純粋な型は伝承されない。丹前振り。丹前六法。
の振りに合わせて演奏される合方。
江戸時代、丹前風呂へ通った町奴。また、その風俗や伊達姿。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丹前
たんぜん

家庭でくつろぐとき、防寒用として衣服の上に重ね着する綿入れの男子の家庭着。普通、浴衣(ゆかた)の上に重ねて一つ前にあわせて着衣し、細帯を締める。最近、旅館などでは女性用も用意されている。布地は男物袷(あわせ)長着と同じで、表布は縞(しま)木綿、綿紬(つむぎ)などの綿織物、黄八丈、紬類、お召(めし)などの絹織物、化繊織物、化繊交織織物などである。柄(がら)はおもに縞物の、大きめでややはでなものを用いる。裏は通し裏にし、布地ははな色(紺)の金巾(かなきん)を主として用いる。袖(そで)口布、掛け衿(えり)は八丈、琥珀(こはく)織などを用い、充填(じゅうてん)材には木綿綿(丹前綿)または丹前用吹止め綿を用いる。近年はウールを用いて、単(ひとえ)仕立ての丹前がつくられている。形は男物袷長着と同様であるが、袖は広袖である。また袂(たもと)袖にすることもある。
 丹前は本来ぜいたくなくつろぎ着で、結城(ゆうき)紬の衣服の上に着衣したといわれている。なお喜田川守貞(きたがわもりさだ)の近世風俗志『守貞漫稿』によれば、丹前は京坂の服名で、江戸では「どてら」とよんでおり、夜着(よぎ)より小さく衣服より大きく、衿端に裏を出し、褄(つま)形は方にして円ならず、また、練り繰り糸をもって夜着、ふとんのようにとじ、黒半衿をかけるとあり、今日の丹前とは形が異なっている。江戸時代初期、承応(じょうおう)・明暦(めいれき)(1652~58)のころ湯女風呂(ゆなぶろ)が流行し、江戸・神田四軒町雉子(ちご)町の、堀丹後守(たんごのかみ)邸前にある風呂屋に通う男伊達(だて)の異様な風を丹前風といい、これが上方(かみがた)へ移って丹前とよばれ、防寒着の一種となった。[藤本やす]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の丹前の言及

【歌舞伎】より

…〈傾城事〉〈怨霊事〉〈物語〉〈身替り〉〈やつし〉〈濡れ場〉〈責め場〉〈縁切り場〉〈殺し場〉〈強請場〉など,演技上の類型が劇全体における局面構成の類型と結びついている例である。劇的に高揚した一瞬に,ツケを打たせ静止したポーズにきまる〈見得〉,舞踊性の濃い〈だんまり〉や〈立回り〉,戯曲とは関係なく歩く芸そのものの迫力や美しさを見せる〈丹前〉や〈六方〉などは,写実主義による西欧近代劇と構造的に異質な歌舞伎が育て上げた独特の演技様式である。〈せりふ〉も同様で,それぞれの様式に独自の一種のリズムを持つ。…

【銭湯】より

…しかし昭和40年代半ばを過ぎると,内風呂の普及,都市生活の変化により銭湯そのものが減少する一方,ビル化でビルの中の一室を銭湯にする形が増加している。【玉井 哲雄】
[江戸の銭湯]
 近世初期,江戸では丹前(たんぜん)風呂の名が喧伝され,〈丹前風〉と呼ぶ風俗を生み出した。この銭湯は,現在の神田須田町付近,堀丹後守の邸前にあった何軒かの湯女(ゆな)風呂で,丹後殿前を略して〈丹前〉と呼んだ。…

【六方(六法)】より

…すなわち〈なんば〉の動きをする。この種の演技術を指す言葉として〈丹前〉〈だんじり〉なども使われたが,しだいに〈六方〉に統一された。同時に,最初出端(では)の芸であったものが,引込みの芸に移っていった。…

※「丹前」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

丹前の関連キーワード防錆紙阜偏接種チェリー花菱ぽい捨て落橋SDCNIDS

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丹前の関連情報