コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接触分解法 せっしょくぶんかいほうcatalytic cracking

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

接触分解法
せっしょくぶんかいほう
catalytic cracking

原油中に含まれる高沸点の重質炭化水素を触媒を使って軽質炭化水素に転化すること。常圧軽油,減圧軽油,脱瀝油などを原料として高オクタン価 (→ノッキング ) の接触分解ガソリンを製造するのに使用される。触媒は表面に沈積した炭素で活性が低下するが,炭素を焼却すれば再使用できる。反応温度は 500℃前後,圧力は 0.7~2 kg/cm2 である。反応方式,触媒再生方法などにより大別して,固定床式,移動床式,流動床式などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

接触分解法
せっしょくぶんかいほう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

接触分解法の関連キーワードクラッキング(石油化学工業)石油化学工業アルキレートガス化反応接触分解製油所残渣油重油

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android