コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掩蔽壕 エンペイゴウ

デジタル大辞泉の解説

えんぺい‐ごう〔‐ガウ〕【×掩蔽×壕】

銃撃や爆撃から人や航空機を守るために地下などに建設される施設。バンカー。→掩体壕

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えんぺいごう【掩蔽壕】

出入り口や上部をおおった塹壕ざんごう。防空壕など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

掩蔽壕の関連キーワード大統領危機管理センターバンカー・バスター出入り口防空壕

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android