コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩擦溶接 まさつようせつ

百科事典マイペディアの解説

摩擦溶接【まさつようせつ】

2つの金属部材を突き合わせ加圧しながら回転させ,生ずる摩擦熱により接合する溶接法。鋼,アルミニウム,銅などの棒の接合に利用され,異種金属間にも適用できる。
→関連項目圧接

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の摩擦溶接の言及

【溶接】より

…また溶けた鑞を接合面によく浸透させるために溶剤が用いられる。
[摩擦溶接]
 材料の一方を固定しておき,他の一方を接触させ,高速度で回転させると,接触面は摩擦によって発熱し,高温に達して赤熱状態になる。このとき回転を止め,軸方向に加圧して溶接を行うのが摩擦溶接(摩擦圧接)である。…

※「摩擦溶接」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android