コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圧接 あっせつpressure joining

4件 の用語解説(圧接の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

圧接
あっせつ
pressure joining

金属材料を固体の状態で加圧して接合する技術。金属材料は大気中では酸化皮膜などにおおわれており,そのまま圧着しても接合できないが,表面被覆を除去し圧着すれば接合する。したがって,冷間でも圧接は可能である。冷間における表面皮膜除去は,酸化皮膜がもろいことを利用し,接合金属にある程度の塑性変形を生じさせ,皮膜の破壊脱落をはかることによって圧着する。この手法は非鉄金属の接合に適用されている。また,接合材相互を高速で摩擦させ,発熱と皮膜除去によって接合を果す摩擦接合もある。熱間接合は接合部をガス炎で加熱圧着する方法である。接合部を高温にすることによって塑性流動しやすくし,金属同士の接触を促すところにポイントがある。熱間で帯鋼をロール成形で筒状にし,接合部を 200°Kほど周囲より高温にし突き合せて製造した鋼管を鍛接鋼管という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あっ‐せつ【圧接】

強い圧力をかけて同種または異種の金属を接合する加工法。常温下または少々の加熱を伴って行う冷間圧接と、高温で行う熱間圧接とがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

圧接【あっせつ】

加熱して柔らかくした部材に圧力を加えて接合する溶接法。鍛接(たんせつ)や抵抗溶接が代表的で,ほかに摩擦溶接や,火薬の爆発力による爆発圧接高周波電流の誘導によるインダクション圧接など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の圧接の言及

【溶接】より

…このため溶接を利用する分野も,機械,建築,橋梁,輸送(航空機,船舶,車両),電気,化学,原子力,電子,計測など広い領域にわたり,また超大型構造物からICなどのマイクロ部品にまで利用されている。 溶接はその方法により,接合する材料(母材という)を局部的に溶融状態にして結合,凝固させる融接法(溶融溶接法),母材を溶融に近い状態に加熱しておき機械的に力を加えて接合する圧接法,母材を加熱保持し原子の相互拡散により接合する拡散接合法および母材間に母材より融点の低い金属を溶融して流し込み,母材表面との付着力を利用して接合する鑞付法などに大別される。 溶接はリベット打ちのような機械的な接合に比べると,その接合部(溶接継手という)の強度が高く,軽くて強い構造物や部品を短期間に安価に製作することができる。…

※「圧接」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

圧接の関連情報