コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撥ね ハネ

デジタル大辞泉の解説

はね【×撥ね】

《「跳ね」と同語源》
文字を書くとき、運筆の終わりを上にはねること。また、文字のその部分。
ピン撥ね」に同じ。
「一割づつの―を取る」〈浮・当世銀持気質・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はね【撥ね】

〔「跳ね」と同源〕
漢字を書くとき、運筆の最後を跳ねるように曲げること。また、文字のその部分。
ピンはねしたもの。ピン。 「袋に扶持方米ふちかたごめの-入れさせ/浮世草子・武道伝来記 8

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

撥ねの関連キーワードおもな慣用句浮世草子刎ねる跳ねる倭姫王ピン刎ね運筆上前撥鏤萬勝