コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

跳ね ハネ

デジタル大辞泉の解説

はね【跳ね】

跳ねること。「ウサギがひと跳ねする」
水や泥が飛び散ること。また、その水や泥。「跳ねが上がる」
その日の興行が終わること。打ち出し。「芝居の跳ね時(どき)」
おてんばなこと。また、その人。おはね。
「香山家三人の女子(むすめ)の中、上(かみ)は気むずかしく末は―にて」〈一葉・暁月夜〉
(「綽」とも書く)囲碁で、互いの石が接するとき、相手の進行を止めるために斜めに打つこと。
物事や話などの結末。
「是を―にもう往(い)なうぢゃあるまいか」〈浄・女舞衣

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

跳ねの関連キーワード飛び跳ねる・飛跳ねる月面着陸とんぼ返り掛け投げ・掛投げチャールストン跳ね上げ式門扉岩跳ペンギンオパエカア滝ハッチバックあつち死に跳ね返すぴんぴこ跳ね回る上がり馬永字八法尻っ跳ね巫山戯る飛跳ねる飛上る飛将棋山鳴り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

跳ねの関連情報