コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

操作シリンダ そうさシリンダfinal control cylinder

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

操作シリンダ
そうさシリンダ
final control cylinder

自動制御装置の操作部として用いられるシリンダ。調節部からの信号を操作量に変え,制御対象に働きかける部品を操作部といい,これには自力式と他力式とがある。他力式は動力源として電気,油圧空気圧などを使用するが,このうち,空気,油などの流体圧を操作部として用いるものをいう。クランク型と直動型があるが,いずれもピストン両側に,油圧または空気圧をかけ,両側の圧力差で作動する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android