操作シリンダ(読み)そうさシリンダ(英語表記)final control cylinder

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

操作シリンダ
そうさシリンダ
final control cylinder

自動制御装置の操作部として用いられるシリンダ。調節部からの信号を操作量に変え,制御対象に働きかける部品を操作部といい,これには自力式と他力式とがある。他力式は動力源として電気,油圧空気圧などを使用するが,このうち,空気,油などの流体圧を操作部として用いるものをいう。クランク型と直動型があるが,いずれもピストン両側に,油圧または空気圧をかけ,両側の圧力差で作動する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android